SDGs中小企業取り組み:できることだけやればいい。カッコつけないこと、無理をしてもしんどいだけ。

SDGsは、社会のため、環境のため、世のため。
国連が進めているし、国も行政も進めている。

だから、、、

自社も取り組んで、社会や環境を救うんだ!
崇高で、志高く、聖人のように、、、

その理念や考えは素晴らしいことだと思います。

ただ、無理をしないことは、大切ですよ。
無理をして頑張りすぎると、、、

・精神的にきつい
・社員の気持ちが離れてしまう
・長続きできない
・楽しくない
・途中で頓挫してしまう
・本業の業績に支障が出てしまう

こんなことだって起こり得るんです。

特に、中小企業の場合は、売上や利益あってこそ、SDGsのような取り組みができるものです。
だからこそ、あまり無理をしないことが大切です。

まずは、できることだけやればいいんです。

それも、「持続可能なこと」からやればいいです。

電気代削減のためという理由で、エアコンの温度を暑すぎる状態にしてしまい、かえって、社員の皆様の健康を害したり、仕事のやる気を削いでしまう。これは持続可能ではありません。

「当社はエコ推進企業!」

ということをアピールしすぎるために、無理にコストがかかりすぎる商品・設備導入をしたり、社員の負担手間がかかりすぎるのも、持続可能な観点からは良くないように思います。

力を入れすぎないで、、、。
まずは、できること。無理のない範囲でできることからやればいいです。
そして、少しずつ、より良いことをやればいいんです。

かっこつけなくてもいいです。
自然体でやればいいんです。

実際、私だって、エコバックを使い始めたのは最近です。たまに忘れることもあり、スーパーのプラスチック袋をもらうことだってあります。ボランティアだって、今では、近所のおばあちゃんの犬の散歩をしたり、知人の悩み相談を聞くぐらいです。

何もかも、いつも、聖人のような生き方をするなんてできないんです。

できることから。
少しずつ環境や社会に優しい人や会社になればいいんです。

無理をせず、長続きできることで、、、。
それを継続していけば、だんだんとより大きな事ができるようになると思います。。。